So-net無料ブログ作成

本日の1本(と、もう1本) [Movies]

[カチンコ] 紅はこべ

ヅカ版ではありません。イギリスBBCのTVドラマシリーズです。全6巻。
4巻から若干登場人物が変わるので
「1~3」と「4~6」ではちょいと趣が違うかもしれません。

紅はこべ DVD-BOX

紅はこべ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
いやー、とにかくお金かけてますなぁ。衣装もセットも素晴らしいです。
フランス革命の悲惨さと英国貴族の優雅な暮らしぶりがよく描かれています。
パリの荒廃と混乱の様子が強烈で
どこぞの方がおっしゃったように “画面が汚い” ドラマなんですが
これは高視聴率だったことでしょう、きっと。

さて、私が主人公そっちのけで気になってしまったのが、
Ronan Vibert演ずる敵役ロベスピエール君でございます。

tumblr_m711qoTamd1rqc0eao3_500.png

冷徹で憎ったらしいんだけど、見ているうちに何故か愛着が湧いてくるお得なキャラクター。
中でも、彼への愛情を増幅させた姿はこちら。

tumblr_m711qoTamd1rqc0eao2_250.png

あ・・・頭の上に眼鏡・・・?
頭眼鏡ってさー、私の世代にとっちゃ「ど根性ガエル」のひろしだよ(しかも古い方)。D00033901_l.jpg

このRonan Vibertさん、「トリスタンとイゾルデ」にも出演されているんですが、
どーしてもロベスピエール君のことを思い出しちゃって、
彼の出演シーンは私の中で緊迫感ゼロ。
どうしてくれよう・・・。[パンチ]

+++ +++ +++ +++

[カチンコ] というわけで、見る順番を間違った・・・と後悔しきりのもう1本。

トリスタンとイゾルデ [DVD]

トリスタンとイゾルデ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD
主役James Francoが泣く泣く。
ちょっと悲しいシーンでさえたちまち目がうるるる~。
トリスタン=クールな騎士様のイメージはちょっと崩れました、が、こういうおセンチな彼もまた一興。
トリスタンとイゾルデに裏切られてもなお、最後に二人を許そうとするマーク王、男だねぇ~。

「ニーベルングの指環」でもあったんですが、
この時代、亡くなった人の葬り方は舟だったんですねー。(ヨーロッパ限定?)
舟に藁や草を敷き、その上に亡骸を乗せ、舟を沖へ流します。
で、途中で数人が崖の上から火のついた矢を放ち、
舟に火をつけ、火葬&海へ沈めるんです。
2作品の描き方がそっくりだったのでちょっとびっくり。
勉強になりました。(・・・何の?)



+++ +++ +++ +++

紅はこべ (創元推理文庫 507-1)

紅はこべ (創元推理文庫 507-1)

  • 作者: バロネス・オルツィ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1970/05
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

巳年の絵馬を買うのはまだ早い、ので [Movies]

一人ぼっちの(まだ言うか?)ホリディには、家で紅茶でも飲みながらコージーなお話でもいたしましょう。

Jane Austen
原作の、幾度もドラマ化された「Emma」、
私は3バージョン見ています。


Gwyneth Paltrow版 映画(1996年)

Kate Beckinsale版 TVドラマ(1997年)

Romola Garai版 TVドラマ(2009年)

emmas.jpg

左からGwyneth Paltrow、Kate Beckinsale、Romola Garai


(歳は離れているけれど)幼馴染みの恋ってことろががツボなんですよね。
ダンスシーンも、広大な敷地の荘園も美しい・・・。

よく思うんですよ、ああ、この時代の英国に生まれたかったなーって
(でもパン屋や鍛冶屋の娘に生まれる可能性大)。


どの作品も面白かったのですが、
エマのイメージにぴったりだと思ったのは最初に見たGwyneth
表情がくるくる変わって可愛らしいRomolaでしょうか。
Kateはブルネットでおとなしめ、やや華やかさに欠ける感じかもしれません。


エマをやさしく見守るナイトリー様を演ずる俳優陣は、Romola Garai emma.jpg

そうだなー、いずれも恋愛フェロモンを強烈に漂わせるタイプではないのですが、見終わって心に残っているのはRomola版のJonny Lee Millerでしょうか(単にiTMSで購入して自宅で頻繁に見ているせい?)。




特筆すべきは、Romola版のエルトン牧師役、Blake Ritson。
彼のナルシストっぷりは笑えます。
原作でもこんなでしたっけ?(只今無期限積ん読中のため確認が取れず)

Mr.Elton.jpg
 


思いっきり勘違いの末、馬車の中でエマにプロポーズし
玉砕するエルトン氏




そして、これもまた“やっちまったー”なのですが、
このBlake Ritsonがヒーロー役の「Mansfield Park」を「Emma」より後に見てしまったため、
エルトン牧師の面影が浮かんで、ロマンスに浸れず・・・。
しかもクライマックスのキスシーンで、相手役の鼻が曲がるほど激しくキス[ムード]
心ならずも鼻の穴を見せる羽目になってしまったBillie Piperが可哀相すぎたのでした。

+++ +++ +++ +++

[カチンコ]本日の3本+1本

Emma/エマ [DVD]

Emma/エマ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD
ジェイン・オースティン・コレクション エマ [DVD]

ジェイン・オースティン・コレクション エマ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD
Emma [DVD] [Import]

Emma [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: BBC Warner
  • メディア: DVD



 

+++ +++ +++ +++



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

本日の1枚 [Movies]

怪しげな男ふたり。

Ben Affleck_Hugh Jackman.jpg

Hugh様とBen Affleckのはず、ですが。
どっちがどっちやねん。

おまけのもう1枚。

Jennifer Lawrence_Amanda Seyfried.jpg

Jennifer Lawrence(左)とAmanda Seyfried(右)
微妙にかぶるのは女優の宿命。

※元記事はこちら
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2923939/10183540
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2923939/10182427
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2923939/10182798


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

40歳・未経験ですが、何か? [Movies]

[カチンコ]本日の1本

40歳の童貞男 無修正完全版 [DVD]

40歳の童貞男 無修正完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD
あのー、ちょっと引いちゃうタイトルですよね・・・(汗)
でも、お色気コメディを期待するとアテが外れます。
立派なハートウォーミングコメディなんですよ、これ。[わーい(嬉しい顔)]
とにかく、くすっと笑えてガハハと爆笑、時に膝をぴしゃりと叩いて「そうそう!」って感じ。
更に、メインのラブストーリーはもとより
主人公+同僚の男4人組の素晴らしい(ばからしい?・笑)友情にほろりとしちゃったりして。

ラストの『Aquarius/Let the Sunshine In』は素晴らしい選曲ですねぇ。
もちろん私はキャストの皆さんと一緒に歌いましたとも![カラオケ]


 
paul rudd.jpgちなみに、私の“いい男レーダー”に引っ掛かったこちらのお方、
同僚役のPaul Ruddでございます。[揺れるハート]
DVDではもうちょっと髭面でしたが
濃い色の髪と、薄めの色の眼のコントラストが
何とも美しゅうございました。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Keira Knightley 祭り [Movies]

特に大好きな女優さんというわけではないのですが、
Keira Knightley(キーラ・ナイトレイ)の出演している映画をよく見ます。
何とわたくしのブログですでに「つぐない」「プライドと偏見」「わたしを離さないで」と
3本ものDVDをご紹介しておりました。

今週も立て続けに2本も鑑賞。
何でかなー、別に彼女が出るからって選んでいるわけじゃないのにねぇ???
まあせっかくなので、本日はその2本をご紹介いたしましょう。

[カチンコ]初めの1本

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD
正直に申し上げますと、このジャケットの第一印象は
「もっと似合うカツラは無かったんかい[exclamation&question] デコ出過ぎやん[exclamation×2]」でございました。
でもまあ時代的には絶対面白そうだし、ストーリーが進むにつれて髪型も気にならなくなるだろう、
と気を取り直して鑑賞。

ホッとしたことに、ひどかったのはジャケの写真だけで、
実際出てくる様々な髪型はとても美しく、衣装共々彼女に似合っておりました。

ストーリーの感想は、んー、何と言いましょうか、
タイトルの通りある一人の女性の生涯を淡々と描いたもので、
結局私はこれを見て泣くだの笑うだの、感情移入できず、
宙ぶらりんのまま終わりになっちゃった[あせあせ(飛び散る汗)]、といった感じでした。

ヒストリカル大好き、あるいは Keira の映画ならOK、という方にお勧めします。


[カチンコ]お次の1本

レジェンド・オブ・アロー.jpgレジェンド・オブ・アロー ~ロビンフッドの娘~







こちらはテレビ映画で、タイトル通りロビンフッドの娘に扮した彼女の初主演作です。

これは私好みの要素がてんこ盛り。
剣に弓に男装の女の子、そして素敵な王子様。・・・うっとり[黒ハート]
Keira が時折見せる可愛らしさも男勝りの立ち回りも、意地っ張りで生意気なところ(笑)も
大変よろしゅうございました。

実際の歴史とはかなりかけ離れていると思われるファンタジーですが、
エンタテインメントとしては大いに楽しめました。

現在入手出来るのはレンタル落ちやVHSのようですので、
見てみたい~という方はレンタルで探してみてくださいませ。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。