So-net無料ブログ作成

近況報告:オヤジスキーに拍車がかかる。 [海外ドラマ]

無題.jpg

二人の隙間に挟まりたい…[黒ハート][揺れるハート][黒ハート][揺れるハート]
胸板でむんぎゅ~っと挟み潰してください、お願いします。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

霊験あらたか…? [たまには お出かけしてみる]

書こう書こう書こうーーーと思いつつ、普通の勤め人さん並(以上?)に仕事に追われ(9時-20時、週7日、祝日稼働、時々徹夜だったり昼飯抜きだったり。労基法ってフリーランサーには適用されないんですかね? てか、あんたホントに病気療養中なんかい?)、全然時間が取れなかったのですが、新年度に入って少し発注のペースが落ちてきたので、この隙に更新!一か月前の話ですが…。


昔から良くないもの(特に人)を引き付ける体質だという自覚はあったのですが、この歳になって、それも急にある日突然、憑き物を落としてまっさらにならなくちゃ!という衝動にかられました。


普段利用しているバスの宣伝で「縁を切らずに髪を切る、〇×美容室は…」っていうのがありまして、初めて聞いた時にはぷぷっ、と思ったのですが、よーく考えてみると、悪いものと縁を切るって大事じゃね?と思い至ったわけです。
「縁結び」には熱心でも、「縁切り」は考えたことがありませんでした。
そうか、その手があったかっ!(ガッテン[手(グー)]ガッテン[手(グー)]


早速、強力パワーがありそうな板橋の「縁切榎(えんきりえのき)」へ行ってみました。


~病院帰りに行ってみた[バス]「縁切榎」編~


病院(南)から板橋(北)は直線距離なら近いけれど、縦移動はちょっと面倒くさい。
一旦池袋に出て、池袋からバスの旅です。


鉄道だと最寄り駅は都営三田線の板橋本町ですが、バスなら池袋発赤羽行のバス停「上宿(かみじゅく)」下車。バスなのでまぁ少し時間はかかりますが、バス停から榎さんまでは近いです。
(「地図貼り付け」機能を使ったところ下書きが消えるという事態が発生したため地図なしです。ぐぐってください)


事前に画像を見ていたので小さいことは分かっていましたが、
本当に榎を祭っている小さな祠といった、ひっそりとした佇まいです。
(全体の画像を撮らなかったおバカさんがここに。ぐぐってください…ってそればっか)


IMG_1013.JPG


「史跡」です。板橋区の登録文化財になっています。


そしてこちらがご本尊(?)、榎の木です。樹皮が削られないよう(昔は樹皮を削って持って帰っていたそう)囲われています。


IMG_1014.JPG


願掛けの絵馬は、榎さんのそばの八百屋さんとお蕎麦屋さんで売っています。
八百屋さんを覗いてみましたが、お店の人が見当たらず、何となく入りにくかったので、お蕎麦屋さんへ。
昼時は混むからでしょう、販売は14時~と張り紙がありました。(ちょうど14時過ぎ。ラッキー!)


お店に入ると、もうお店の人も慣れたもので「絵馬」のえの字を言ったか言わないかのタイミングで絵馬を持ってきてくれました。
この日は天気が悪く寒い日だったので「店の中で書いてっていいよ」と言ってくれたり、「書くものある?」と聞いてくれたり、もう、お店のおじさんいい人すぎます。下町商店街サイコー。


絵馬の袋の中におまけのストラップが入ってます。
早速普段持ち歩くバッグに結びました。
(が、そのバッグには縁結びのお守りも入ってるという…神様もどうすりゃいい?)


IMG_1021.JPG


榎さん自体が狭いので、絵馬を掛ける場所も狭く超混み混みです。
何とか隙間を見つけて、思いのたけをビシッと書いた絵馬を結んできました。


さて、どこかにお参りに行くとおみくじを引かずにはいられないわたくし。
ここにも もちろんおみくじがありました。
それが、笑っちゃうんですけどね、境内の脇にあるガチャガチャなんですよ。
でも、自分で選んで引くおみくじより、神様のお告げ感があっていいと思いません?


IMG_1022.JPG


おみくじとパワーストーン(メノウとクオーツ)2個入り、¥200(だったっけ?)。お得感満載。
で、肝心のおみくじはと言いますと…


IMG_1016.JPG


いい感じですねぇ。
心の中ではホントにもうケリをつけたいと強く思ってましたから。
新しいスタート、切ります切ります。


ところで、右側の赤線部分に、このおみくじを「板橋」の袂で結んで下さい、とあります。
…はあ? 板橋って? ここ、板橋なんだけど…???


Googleマップを見てみると、近くに川があってそこに橋が架かっていることが分かりました。
が、紙の地図と違って地図を動かしながら移動しようと思っても、
iPhone の向きを変えると地図も同じ向きに変わってしまうので
結局正しい位置にたどり着けず。
トボトボと元の場所に戻ってくると、この近辺の地図の看板がちゃんとありました。
「板橋」とは、石神井川に架かっている橋の名前でした。
いざ行かん、板橋へ!


IMG_1018.JPG


IMG_1020.JPG


タダ~ン! 正真正銘の「板橋」です。
で、太い柱の間にびっしり結ばれているのが、おみくじです。
絵馬は何とか掛けられましたが、おみくじを結ぶ場所を探すのは大変でした。
結べる場所はどこもこんな感じでぎゅうぎゅう詰めです。
誰かのおみくじの上から結ぶのも失礼なので、
何とか隙間を作って結んできました。


-----


その後、これはもしかしたらご利益があったかも、と思う出来事がありました。
腐れ縁が続いていた人からの連絡がぷっつり途絶えたのです。
あ~なんかもう、あの人に振り回されなくて済むんだわ~と思うと
肩の荷が下りました。
やれやれ。


-----


と思ったのつかの間、
この記事を温めすぎたせいか、先日かの人からメールが…。
ここは心を鬼にして無視! といかないのが私のダメなところ。
また近々会うことになりそうです…[もうやだ~(悲しい顔)]
ああ、おみくじのお告げ通り心を強く持たなければ!


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。