So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

年が明けていろいろと [アラフィフ女子がゆく!]

先日、またひとつ歳をとりました。
おめでとう、自分[かわいい]

去年の夏以来音信不通だった友人が誕生日を覚えてくれていて、
久々に飲みに行きました[イベント][レストラン][ビール][バー]

夏の飲み会を体調不良でドタキャンしたので
きっと見捨てられたよなぁ[バッド(下向き矢印)]と思っていたのでビックリ!
夏は絶賛鬱開催中でしたが今は抗鬱剤のおかげで気分が安定しているので
今回は無事お出かけできました。

夜中食いの原因は抗うつ剤か?ということで
処方をストップしてもらったけれど
気分がヒュ~ッと急降下してしまったのでまた飲み始めたのです。
おかげで絶好調~っ[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

-----

お誕生日のコーディネートはこちら↓

IMG_1429.JPG
セーターもジーンズも生協で購入。
最早 UNIQLO は脱ファストファッションっぽいので
衣料品は最近もっぱら、意外と安い生協のものばかり。
ネックレスは昔手作りにはまっていた頃に作ったもの。

IMG_1430.JPG
数年履いたスニーカーを履きつぶしたので久々に新調。
ファスナー付は買わない派でしたが、色が気に入ったのでついぽちっとな。

ネイルシールはピンクにシルバーのラメでございます。
IMG_1427.JPG

いやーん、指輪をしてると指がむちむちしてるのがバレバレねぇ[わーい(嬉しい顔)][むかっ(怒り)]

抗うつ剤、止めても飲んでも、夜中食いは止まらないのでした[たらーっ(汗)]

-----

父は抗がん剤治療をすることに決めました。
まず1週間お試しで、副作用が辛ければ止めましょう、と始めたのですが、
幸いにも副作用が出なかったので
そのまま1クール(4週投薬1週休薬)に突入しました。

続けるうちにそのうち副作用が出てくるんではないかと内心思っているのですが、
本人も病院も家族も、「副作用が辛くなったらストップ」ということで意見が一致しているので、無理のない範囲で頑張ってほしいと思います。

いやマジ、無理すんなよ、とーちゃん![手(グー)]

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

父はモヤモヤ山 [健康一番 電話は二番]

とりあえず手術は無事終了して、ぴんしゃんして退院してきた父。
が、年明けに抗がん剤治療をするかしないか、問題が残っています。
術後の病理検査で、切除したリンパ節の一つにがんが見つかったとのことで、化学療法の話が出たわけですが、医師の態度がはっきりしません。

リンパ節の元から取ったから大丈夫でしょう、でも化学療法を受けた方がいいと思います、でもご本人が受けたくないというなら受けなくてもいいです。家族で話し合って決めてください。

だって。

んー、そんなものなのかしら?

やるならやる、とはっきり言ってくれた方が、患者も迷わずに済むんですけどねぇ。

医師が強力に勧めないのは、副作用の辛さもあるし、この先数年後に再発・転移して死亡したとしても、年齢的には平均寿命だということもあるんでしょう。

そんなわけで、いつもは決断力のある父も、かなり迷っているようです。

私は、当初は絶対受けてほしいと思っていたのですが、ここにきてちょっと気が変わりました。
過食とイライラを抑えるため薬を変更したので、気分が少し落ち着き、冷静な視点で考えられるようになったからです。
いつまでも元気で長生きしてほしいと思うのは家族として当然ではあると同時に、私のわがままでもあると思ったからです。
数か月も心身ともにどんよりした生活を強いられるより、旅行に行ったり美味しいものを食べたり、できるうちに思う存分楽しむという選択肢も有ではないか、と考え直したのです。

父が50代、60代だったら絶対に化学療法を受けろと強制したでしょう。
でも、80近くなって、これ以上そんなに頑張らなくてもいいんじゃないかな、と。

母の意見はと言うと、化学療法に反対でした、
母の場合、数か月間も父の具合が悪くなると家のことを全部自分でやらなければならなくなるので、それが嫌なのです。
そのほかの理由として、些細な金額ですが仕事を休んで収入が途絶えると生活費が苦しくなる、とまで言いました。
え、それはまずいんじゃない、と真に受けた私が父に確認したところ、「お金は困らない、仕事は辞めようと思えばいつでも辞められる」との返事。

そんな、嘘をついてまで自分第一の母…。[もうやだ~(悲しい顔)]
でも、母を責めるわけにもいきません。
実際日々家のことや父の世話をするのは母ですし、外野に文句を言う権利はありません。

母が自己中心的になってきたのも、話の辻褄が合わなくなってきたことも、認知症が進んでいる兆候なのかと思うと、責める気にもなりません。

あぁ、何だかなぁ…。

-----

今年はいろいろありました。
一向に鬱から抜け出せず何もできない日々が続いたと思ったら、秋になって猫が来ていきなり躁モードスイッチが入りました。
初めは猫をかぶっていましたが、今ではサイアミーズミックスらしくすっかりおしゃべりになりました。

で、父の大腸がん。
これは来年も引き続きてんやわんやしそうです。

ブログに関しては更新もご訪問もすっかりサボり、ダメダメな一年でした。
来年は(あーしまった、年が明けた[がく~(落胆した顔)])もう少し何とか頑張ります。

では、皆様にとって本年が良い一年になりますように。

nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:健康

Simple is best. [アラフィフ女子がゆく!]

肌が乾燥するこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。

以前、鼻下の皮膚がぺりぺりめくれるほど荒れて困っていたところ、キュレルの基礎化粧品で治ったという記事を上げましたが、本日はもっと簡単でお財布に優しい保湿のお話をいたしましょう。

ある日、ネットで「ぬるま湯洗顔」なるものを発見しました。
ノーメイクの時は洗顔料を使わず、文字通りぬるま湯だけで顔を洗うというもの。
しかも洗顔後は何も付けません。
これが意外にも、肌がつっぱらないのです。

まあこのままでもいいのですが、やはりしっとりした感触が欲しいので、ワセリンを塗っています。

IMG_1287.JPG
左のチューブタイプは普通のワセリンより柔らかく塗りやすいです。

どの薬局でも手に入り、少量でよく伸びるコスパ優秀なワセリン。
猫を飼い始めて、フードボウルの洗い物やトイレ掃除など水いじりの機会が増えたので、惜しみなくこまめに手に塗っています。

塗りたてはべたべたしますが、しばらくすると肌になじんでしっとりします。
顔、唇、手足、どこに塗ってもOKな優れものです。

というわけで、メイクをした日は従来通りクレンジングバーム洗顔→キュレルでお手入れですが、普段はワセリンのみで乾燥知らずです。

…まあ、アンチエイジングや美白効果等はないので、シミや皺のケアはできませんが[たらーっ(汗)]、「シミ・皺も年相応にあった方が自然体でいいじゃない?」という方にはお勧めです。

身体も以前より乾燥するようになったので、ボディーローションを塗る前に生協のアルコールフリー化粧水をプラスしています。

IMG_1288.JPG

何となく「生協=安心・安全」というイメージがありますが、普通タイプの化粧水はアルコール配合なので敏感肌には要注意です。
実家帰省中は生協の化粧水を使っているのですが(自前の化粧品を持って行くのが面倒くさい…)、ピリピリしみて、たちまち肌が荒れてしまいます。

他のブランドの基礎化粧品より安くお財布には優しいのですが、残念ながら私には合いません。
でも、アルコールフリー化粧水はお安いうえにヒリヒリしないので、身体全体にジャバジャバ使っています。

-----

そうそう、ワセリンと言えば、猫はワセリンが好きなようです[ファーストフード]
塗った端からぺろぺろ手を舐められてしまいます。
アニマルプラネットの「ねこまにあ」で、毛玉を排泄させるのにワセリンがいいと言っていたので、うちの子の気の済むまで舐めさせています。
ざらざらした舌の感触がくすぐったいような、気持ちいいような…[ハートたち(複数ハート)]

nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:美容

牡蠣牡蠣牡蠣~っ♡ [yum-yum]

本日どーしても郵便局へ行く用事あり、朝もはよから(嫌々)お出かけ。
帰りに寄ったスーパーで、こんなものを発見!

ばばーんっ!

IMG_1282.JPG

ちょっと奥さん、凄くないですか!
レンジで殻付きの蒸し牡蠣が頂けるなんて!!![ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

子供の頃は大嫌いだったのに、今では年中「牡蠣食いてぇ…(゚¬゚*)」と心の中で呟いているほど牡蠣好きのわたくし、予算度外視で速攻お買い上げ。

蓋の端をぺりっとめくってパックごとレンジに入れ、待つこと8分(パックには7分30秒とありましたが、万が一ってこともあるので時間多め…)。

ん~レンジの外まで磯々しいかほりが漂っています[るんるん]

では、蓋をぺりぺりっとはがして…
さっそく牡蠣殻を外してみましょう。ワクワク…[揺れるハート]

IMG_1283.JPG

牡蠣~っ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

お皿が小さい(殻が大きい)ので全部乗りません。
火が通ったら身は小さく縮むんだろうなぁ、と思っていましたが、予想に反して結構ぷりぷりしています[るんるん]

酢としょうゆを垂らして、ちゅるん、もぐもぐ、ちゅるん、もぐもぐ…
あぁ…至福… 
。+;゚*゚ヽ(´∀`)ノ゚*゚;+。

台所に立たない私が牡蠣を食べるには、スーパーのお惣菜のカキフライを買うしかないのですが、衣や揚げ油を考えるとそうちょくちょくは食べられません。
誰かと外食に行ってメニューに生ガキがあったりすると、もう頼みたくて頼みたくて仕方がないのですが、相手が牡蠣嫌いだったりすると、その人の手前自分だけ頼むのは気が引けてしまうし。

でもっ[exclamation]
もう誰に遠慮することなくレンチンで牡蠣5個も食べられる[exclamation×2]

神様、ありがとうございます[晴れ][晴れ][晴れ]

ちなみに本日の朝食は朝マックでホットケーキ。
最近甘味が食べたくて仕方がありません。

…あぁ~、ストレス溜まってんだなぁ…。

タグ:牡蠣 レンジ
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

イライラ山、噴火レベル5 [健康一番 電話は二番]

父の手術は無事終わり、入院からきっかり2週間で退院いたしました[晴れ]
幸いステージI で、病巣と周辺のリンパ節を切り取るだけで済みました。

本人は術後とは思えないほどピンシャンしているので、まあそれは喜ばしいのですが…

どうにも両親は、病気や病後の生活についてあまり真剣に考えていないようで、見かねた私が一人情報収集やら買い物やらに奔走しています(PCの前で座ったまま、指[手(チョキ)]が奔走しております)。

退院前の食事指導で、父は開口一番飲酒の可否について尋ねたそうで、母はぷんすか怒っておりました。
かくいう母も、食事を作る立場であるにもかかわらず、看護師さんの説明をろくに聞いていなかったのか、聞いたものの忘れてしまったのか、電話でとんちんかんな話をしています。
仕方がないので、私が父に電話して食事について聞き、それを母に電話で噛んで含めるように説明するという、何とももどかしい状況に。

おーい、2人ともしっかりしてくれよぅ…[ふらふら]

大腸がんの術後の食事は大切です。腸閉塞にならないよう、当分柔らかいものしか食べられません。
翌週以降の食事は生協で介護食を注文するとして、まず考えなければならないのは、退院してすぐの食事をどうするかです。
母は何でもかんでも柔らかければいい程度にしか考えておらず、「鍋料理の白菜だの納豆もダメなんだよ」と伝えると、「そうなの?」と困り果てていました(…だから、看護師さんから説明があったはず[たらーっ(汗)])。

私が生協の介護食を注文するよう助言し、当座の介護食は通販で買って送りました。
毎食介護食では高くつくので、大腸がん術後の献立の本も送りました。

かなりお金を遣いましたし、正直「なんで私が…」と思いました。
娘ですからそんな風に思うのは罰当たりかもしれません。でも、両親のどちらとも、そういったことに無頓着であることがどうしても苛立たしいのです。
私が欲しいのは、「わざわざありがとう」「お金を遣わせて済まない」という言葉ではなく、2人が自発的にそれをやろうとする気持ちなのです。

父はタブレットを持っているので、知りたいことはいくらでも自分で情報収集できるはずなのですが、「難しい」「できない」と言うばかり。

父のネットスーパーのアカウントを作ったのですが、「自転車に乗れるから(買い物は)大丈夫」ですと[むかっ(怒り)]
備えあれば憂いなしと言うでしょう、もしかして寝込むようなことがあったら、誰も買い物に行けません。
そう、母は、家計を始め、買い物に行くのも、電車の切符一枚買うことさえ父任せ[ふらふら]

何事もないときは別にそれでもいいんです。
でも、こういう時こそ、2人とも「できない」なんて言っていないで「自分がやらねば」と思ってほしいのです。

私から見ると、「できない」と思い込んでいるだけで、単にやる気がないように思えて仕方がありません。

同年代で、PCを使いこなしたりあちこち旅行にいったり、はつらつと暮らしている方たちもたくさんいるのに。

耳の遠い父と物忘れの多くなった母。
私は普段一人なので、帰省して大音量のTVや大声の会話の中に放り込まれると、必ず病状が悪化します。
鬱になって貝になり起きられなくなると母は「だらだらするな!」とへそを曲げ、その非難するような態度が辛さを増す、の悪循環です。

年末年始は、「猫のストレスになるから」と帰省しないことにしています。
(その代わりと言っては何ですが、父の入院中、一週間は猫連れで帰省しました。疲れました…[バッド(下向き矢印)]

世界中の人から「親不孝者[パンチ]」と非難されてもいいです。
ちょっとイライラが収まるまで、お休みをください[眠い(睡眠)]

nice!(6) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -